ヒアルロン酸注入が効果的な部位、注入の症例もご紹介します。

ヒアルロン酸注入とは?

オンライン予約

ヒアルロン酸


通常0.1ml単位で注入されるヒアルロン酸。
0.1mlと聞くと非常に少ない量に思えますが、繊細なラインを作り出す美容医療の領域では0.1ml単位での注入は大雑把。
本当に自然なラインを作り出すには0.01ml単位で注入をコントロールする高い技術力が必要になります。

ヒアルロン酸注入とは
ヒアルロン酸を皮内、皮下に注入する事で肌を持ち上げ、しわやたるみを改善する治療法です。ヒアルロン酸は、元々人体(皮膚・関節など)に含まれている成分です。しかしそのままヒアルロン酸を注入してもすぐに吸収されてしまうため架橋という加工を加え、3ヶ月~1年かけて徐々に吸収されるように調整されています。アレルギーが生じる事もほとんどなく安全性の高い成分です。

ボトックス
ヒアルロン酸注入が効果的な部位
以下の部位にはヒアルロン酸注入が効果的です。
・前額
・目の下
・鼻
・ほうれい線
・コメカミ
・涙袋
・ゴルゴジワ
・口唇
・アゴ

治療の特長 ヒアルロン酸には様々な種類があります。作っている会社も10社近くあります。それぞれの会社が、硬さや、粘度、粒子の大きさを変えた特長の違う製品を複数リリースしているため、数多くの製品があるのです。
さらに最近では麻酔入りの製品も発売され、さらに製品の種類は増えてきています。
そのため当院では最高級素材のヒアルロン酸をつねに厳選し、硬さや粒子の大きさを各種取り揃え、万全の体制で治療を行っております。そして持続性や安全性、仕上がり具合などを確認し、さらにドクターの施術方法とマッチしたヒアルロン酸のみを採用しています。

ヒアルロン酸の選択目的、部位により使用するヒアルロン酸が異なります。
目の下など皮膚の薄い部位のしわには柔らかく粒子が細かいヒアルロン酸が最適で、頬のリフトアップやあごの形成では、ハードなヒアルロン酸が最適となりま す。また深い溝タイプでしっかりと持ち上げなくてはならない場合には、中程度の硬さのヒアルロン酸を選択し、同じほうれい線でも、小じわタイプの場合には 柔らかいタイプのヒアルロン酸を使用するといった選択が重要になってきます。

テオシアル社 グローバルアクション
テオシアル社 ファーストライン
テオシアル社 リデンシティI 
リデンシティ2
Q-MED社 マクロレーンVRF20
Q-MED社 レスチレンビタール


当院のこだわり 1.ヒアルロン酸は使い捨て
注入に使用したヒアルロン酸は個人用としており、毎回新しいヒアルロン酸を使用するため安全な施術を提供しています。

2.各種ヒアルロン酸を用意
毎年のように新たにリリースされるヒアルロン酸。
それぞれの特徴を掴むため、必ず使用し当院の施術に適切であるかを見極めています。
その中で最も良いと判断したヒアルロン酸のみを使用しています。

3.痛み止め
ヒアルロン酸注入をためらう方々は、痛みを気にされている事が多いため、痛み止めの貼り薬と麻酔入りのヒアルロン酸を使用する事で痛みを最小限に抑えています。

4.0.01mlを調整する技術力
経験豊かな医師だけが行うヒアルロン酸注入。技術力が結果に結びつく治療だからこそ、細かな部分までこだわった施術を提供しています。

目の下のヒアルロン酸注入の症例
施術前の状態 目の下に広がるくまが目立ちます。
この方の場合、外側まで広がるくまが特徴的です。
施術前の状態
右のみ施術右側のみ施術が終了した状態です。左右を比べるとその効果がはっきりとわかります。また目の下のラインが変わることで頬がリフトアップした印象を与えてくれるため、高い若返り効果をもたらします。 施術前の状態
左の施術中1くまの外側にヒアルロン酸を注入した後の状態です。
目の下に広く広がっていたくまが小さくなっています。
丁寧に、少しずつヒアルロン酸を注入していきます。
施術前の状態
左の施術中2ヒアルロン酸を内側にも徐々に注入しくまを消していきます。
一つ前の状態と比べて、目の下のくまま小さくなっているのがわかります。
このように徐々にくまを消していくのが自然な仕上がりのポイントとなります。
施術前の状態
施術終了左右ともに施術が終了しました。
目の下の目立っていたくまがなくなりました。
内出血もありません。
施術前の状態
<モニターさんのコメント>
目の下ということもあり緊張しましたが、塗る麻酔と麻酔入りヒアルロン酸の効果のためか、全く痛みを感じずに治療を受けることが出来ました。 治療にかかった時間は20分ほどで思っていたよりも長かったのですが、すごく丁寧に注入を行っているのがわかったので時間は気になりませんでした。 治療の途中に何度か鏡を見せてもらったのですが、徐々に変わっていくのがわかりました。そして最後の仕上がりの自然さにはビックリ。気になっていたくまがなくなるだけでなく、5歳くらい若返った印象ですごく感動です。

最新式注入法 レディエッセ レディエッセは歯や骨を形成する「カルシウムハイドロキシアパタイト」が主成分の最新式の注入剤です。 この製剤はFDAが認可している製品であり、3つの大きな特徴があります。
1. 長い持続力 (1年~2年)
2. しっかりとしたリフト力
3. コラーゲン形成力

特に効果的な箇所は、鼻・アゴ・フェイスライン等の輪郭形成やほうれい線などの深いシワです。しっかりと膨らむのにも関わらず柔らかな仕上がりになり自然で長時間持続する新しい注入法です。
ただし目の下などの皮膚の薄い部分などでは使用できません。

治療のリスクについて

腫れる

麻酔は、目の下のように腫れやすい部位に大量の麻酔を注入すると、術後の腫れが大きくなってしまいます。
当院では、痛みの出るポイントにのみ適量の局所麻酔を注入し、最小限の麻酔量で、最大の麻酔効果が得られるようにしています。また、腫れ止めの内服薬「シンエック」をご用意しております。術後2〜3日目が腫れのピークとなります。術後3日目頃までは患部を冷やして頂き、その後は温めて頂くと腫れが早く引きます。

内出血

脱脂術は血管が数多く集中する周囲の細胞を除去することから、出血させずに手術を終えるのには非常に高い技術が必要です。
当院では脂肪注入の際は、特殊な細い針を使用します。針の刺入部は他院では片頬につき2~3ヶ所を設けることがありますが、当院では血管の多い箇所を避け、片頬につき1ヶ所のみの刺入を原則としています。眼窩脂肪を除去する際、切る幅は4mm程度に抑え、出血させない工夫をしています。内出血が出てしまった場合には、「ケラスキンクリーム」を塗って頂きますと、通常の半分の期間で消えていきます。ご希望によりご購入頂けます。手術直後、内出血が出ていない場合でも、塗る事により予防にもなります。

しこりができる

注入された脂肪は、萎縮、拘縮し半年〜1年かけて柔らかく変化していきます。そのため一時的にはしこりができますが、拘縮が解除されることで改善する変化です。

感染

感染予防のため、当院では抗生物質を処方しております。用法・用量を守って服用いただくことで、回避することができます。

ボリュームがなくなる

注入した細胞の一部はすぐにアポトーシス(細胞死をお越しますが、同時に移植され脂肪細胞の周囲に存在する肝細胞が、脂肪細胞に変化し除々に入れ替わっていきます。そのため、注入直後から3ヶ月かけて目の下の注入脂肪のボリュームは減少しますが、そこから1年かけて造花する傾向にありますので、最終的な手術結果は1年後となります。1年後に残っている脂肪の量を生着率と言いますが、こちらの手術の場合には平均8〜9割が生着するため、ボリュームがなくなる可能性は極めて低いといえます。

ヒアルロン酸注入 プレミアム
ヒアルロン酸1本買い

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、術後経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00