「ライムライト(光治療)」「スタックトーニング(レーザートーニング)」が効果的なクマ治療です。

クマをレーザーで解消

オンライン予約

  • クマ・たるみの原因と解消法
  • クマの治療方法
  • クマ施術事例
  • 目の下のたるみ治療方法
  • 目の下のたるみ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

『ライムライト・スタックトーニング(レーザートーニング)』

茶クマにおすすめの治療法
目の下のクマの種類「茶クマ」は、メラニン色素が沈着する事で皮膚の色が茶色く着色することが原因とされています。そのため「茶クマ」の改善には、皮膚に沈着したメラニンの排出を助け、なおかつ新たなメラニンの産生を抑えることが必要となります。セオリークリニックでは、こうした茶クマの改善に「ライムライト(光治療)」や「スタックトーニング(レーザートーニング)」という治療法をおすすめしています。どちらの施術もメラニン色素の排出や産生の抑制に効果的な治療方法となっています。

クマの光治療『ライムライト』とは?

「ライムライト」とは、メラニンが比較的多い日本人向けに開発された光治療器で、レーザーとは異なりお顔全体に照射して様々な効果を発揮します。フラッシュランプから照射される熱は、皮膚表面から真皮にかけて届き、そこでメラニン色素の排出を促すとともに、皮膚の再生を早めるよう働きかけます。
白人向けに開発された光治療器「フォトフェイシャル」では、メラニン量が多いと赤みや痛みが出る場合がありましたが、「ライムライト」の場合はメラニン量が多い日本人の方に向けて開発されているので、十分な効果と安全性が両立されているという大きなメリットも持ち合わせています。こうした特性から、特にメラニンの過剰産生による色素沈着が原因である「茶クマ」の改善に効果的な治療法であるとされているのです。

ライムライト

クマのレーザー治療『スタックトーニング』とは?

シミの一種である「肝班」治療に用いられることが多いスタック(レーザー)トーニングですが、実はシミやそばかすにも効果がある治療です。また、目の下に色素斑が出来ることでクマのように見える「茶クマ」にも、スタックトーニング(レーザートーニング)」は大変有効です。「スタックトーニング(レーザートーニング)」で使用される特殊なレーザーを、最新のトップハット型照射でクマに照射してメラニンの過剰産生を抑制し、クマとなって現れるシミの悪化を防ぎつつ、改善させていきます。ダウンタイムが無いことも特徴で、治療後はお肌にほんのりと赤みがさす程度です。(シミが濃い部分は多少赤みが出る事があります。)お化粧も術後すぐから行なうことが出来ます。

スタックトーニング

  • クマ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

治療のリスクについて

赤みが出る

エネルギー照射治療のため、どうしても赤みや熱感が残ることがあります。また、シミが濃い部分や、ホクロがある部分は、多少赤みが出る事があります。
当院では、ビタミンCとトラネキサム酸を処方しております。術後に赤みや熱感を感じた場合は、シャワー・入浴などで身体を長時間温めないようにお願いしております。

やけど

照射は強ければ効果がある。という訳ではありません。
当院では照射は熟練した医師が行います。また照射の設定は、肌の状況をしっかりと診断し、見極め、お客様に合わせた設定にしております。日焼けで肌に熱が籠っているところに光の熱が加わると、火傷のリスクがありますので、治療日前の急激な日焼けはお避けいただくようにお願いしております。

クマが濃くなる

診断時に症状をしっかりと見極め、判断をしてから照射治療を行います。術後は、美白効果をアップさせるため、ビタミンCとトラネキサム酸を処方しております。術後は特に肌がデリケートになっていますので、日焼けをしないように、紫外線対策をお願いしています。

肌がカサカサする

ダメージを与えてシミを追い出したり、お肌を活性化させていくため、施術後は乾燥しやすくなっています。
当院では施術後セラミドパック+クーリングを10分行っております。照射した部分は、術後に乾燥しやすくなりますので、化粧水、ローションなどで、たっぷりと保湿することをお願いしています。

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、術後経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00