脱脂術について解説しています。組み合わせると効果的な治療法もご紹介します。

脱脂術とは?

オンライン予約

脱脂術+リポトランスファー

目元の改善で若々しさを取り戻します

目の下のくま・たるみが脂肪のふくらみによる場合は脱脂術+リポトランスファー(脂肪除去手術)が有効です。
目の下の脱脂術+リポトランスファーを行った際によく見られる状態として、目の下のクマやたるみが改善するだけでなく、頬が挙上して若々しく見えるようになります。

これは目の下のラインは頬の上縁のラインである事から生まれる結果です。

すなわち目の下の治療を行う際にも頬の骨格や形状は重要な要因でありそれを踏まえて治療法やデザインを決定する必要があるのです。
当院ではカウンセリングにより、脱脂術にそれぞれの治療法を組み合わせ最も有効な治療を行っていきます。

脂肪の突出が強いタイプです。このタイプの場合、目の下が赤く腫れて見えるのが特徴的な赤クマが出現します。

術後目の下がスッキリしたのがわかります。目の下の赤みは改善していますが、時間の経過とともにもっと改善していきます。


もっと症例写真を見る


凹凸による影が原因のくま・たるみに有効です

目の下の脂肪(眼窩(がんか)脂肪)は年齢とともにその場所を移動させます。 この移動により目の下がふくらむ事で今まで無かった凹凸が出来ます。この凹凸により出来た影がクマとなります。



<治療法>
余分な眼窩脂肪の除去を行う最先端の施術でノーダウンタイムを実現します。高周波レーザーメスを用いて手術を行うことで、 全く出血することも顔の表面から見える傷口を作ることもなく施術することが可能となりました。手術時間は両目の下で30分と 短時間です。ノーダウンタイムの秘訣は小さい視野での手術、短い手術時間、そして少ない麻酔の量です。手術直後に効果を実感いただけます。

採取した脂肪は生着しやすいように処理した後に頬から特殊なカニューレにて目の下に注入していきます。
これによりふくらみを除去するだけの簡単な結果ではなく、へこみ部分の改善効果も発揮し、総合的に目の下から頬にかけてのお悩みを治療します。


脂肪の採取
脂肪の注入
なぜ脱脂術だけでは不十分なのか

脱脂術は眼窩脂肪をデザインに沿って適量除去する事で目の下の凹凸を改善させる事ができる治療です。
しかしふくらみ部分を取り除く事が出来るだけで、へこんだ部分には手を加える事が出来ません。また、たるみのもう一つの原因である皮膚のたるみには、 この方法だけでは改善できません。
当院では、より凹凸をなくし、若々しい目の下、頬を作り出すため、脱脂術とあわせてリポトランスファーを行うことを推奨しております。


なぜリポトランスファーを組み合わせるのか

眼窩脂肪を十分に除去したい

しかし除去が多いと目の下がへこんでしまうリスクがあり、その結果へこみ部分が影になり目の下の完全な改善にはならない

反対に除去が少ないと早期にたるみが再発します。(奥には脂肪が残っている為)

目の下の完全な改善とは、横から見たとき頬?目の下(涙袋の下)まできれいな曲線を描くことと、正面像でも涙袋の下に曲線を描いたへこみができること

目の下の完全な改善

目の下のへこみを回避して、なおかつ除去をしっかり行い再発を予防するにはリポトランスファーを組み合わせるのが理論的な治療法である

治療ポイント
  • 治療ポイント
  • 術後の腫れの程度を左右する最も大きな要素は術中の出血。
    特に脱脂術は血管が豊富な眼窩周囲の脂肪を除去する手術のため出血をさせずに手術を終えるには高い技術力を要します。
    また出血を未然に防ぐために術中の血管処理など様々な工夫と技術を駆使する事で腫れない手術になります。
  • 治療ポイント
  • 針は金属部分を肉薄にする事で、外径は出来るだけ細く内径は出来るだけ広くし、生着率が高く、腫れない脂肪注入を実現しています。
  • 頬から刺入する脂肪注入で腫れさせないポイントは特殊な注入専用の針にあります。
    当院独自の注入用針は脂肪細胞を圧迫せず通過させる事ができなおかつ針の外径を細く保つ事で針が通過する頬の皮膚、皮下組織のダメージを最小限にくい止めます。
    また針先は丸く加工している鈍針のため皮下の血管を傷つける事なく注入が可能となり、不要な皮下出血を最小限に留めています。
  • 治療ポイント
  • 脂肪注入を行う際には頬中央部から刺入して行いますが、当院では片側につき、1カ所のみの刺入部を原則としています。
    他院では通常片側につき2〜3カ所の刺入部を設けて注入を行います。
    この方が注入は行い易くなりますが頬外側や、上部になればなるほど皮下の血管が多くなる事や、眼輪筋の様な血流が豊富な組織が存在する事で皮下出血を招き易くなり術後の腫れを助長してしまいます。
    これを回避するため、当院では片側1カ所、しかも出血の少ない頬中央部のみに刺入部を限定する事で不要な出血は避けつつ、高い脂肪注入技術により目の下のあらゆる部位への注入を可能にしています。
  • 治療ポイント
  • 目の下のように腫れやすい部位に大量の麻酔を注入してしまうと腫れが助長してしまいます。そのため目の下の手術を行う際には腫れない様に痛みの出るポイントに適量のみ局所麻酔を注入して最小限の麻酔量で最大の麻酔効果を得られるようにしています。
    特に眼窩脂肪には牽引痛という引っ張られることで生じる痛みが出ます。
    これを抑えるために他院では多量の麻酔薬を眼窩脂肪に注入していますが、当院では眼窩脂肪の深部まで安全に到達する特殊な針を用いて少量の麻酔を痛みを生じる部分にダイレクトに注入する事で、腫れずに、確実な鎮痛を行っています。
    また笑気麻酔も併用する事で、多角的に麻酔を行い、それぞれの麻酔の深度を浅くする事で、安全性を高めつつ、十分な除痛を実現します。  
  • 治療ポイント
  • 眼窩脂肪に到達する方法として、経結膜下法を用いています。
    この手術法では眼瞼結膜を切開しますが、この部位には血管が豊富なため、切開時に出血が生じ易く、これを回避するため切開を4mm程度に抑える事と、高周波メスを用いて出血をさせずに切開を行っています。




セオリークリニックでは目の下の手術、治療を専門的に行っております。

目の下の治療だけでも複数の治療提案を行えます。
手術だけでなくレーザー治療やヒアルロン酸注入などでの治療にも対応。
治療を検討する際に重要なのは、治療の選択肢が豊富にあること。
手術のみのクリニックに相談すれば、手術を勧められてしまいます。
良い治療結果を得るために重要なのは、適した治療法を選択する事。
すべての方に手術療法が適応する訳ではありません。

目の下を専門に治療を行っているため、症例が豊富です。
様々なタイプの目の下のクマ、たるみ治療を行ってきたからこそのデザイン力、対応力が違います。
手術は誰が行っても同じ結果を得られる訳ではありません。
一番重要なのは、手術を行うドクターの経験、力量です。

治療を実際に受けられたモニター症例写真が確認できます。
気になる術後の腫れや、経過、仕上がりなども確認でき自分に似たタイプの症例も見つけられ、本当に自分の希望に合った仕上がりになるのか確認が出来ます。 
院長のブログでは最新の症例を随時更新しています。
また治療に関する様々な知見も報告してますのでご参考にしてください。

脱脂術+リポトランスファー(目の下の脂肪除去治療) 


  ダウンタイムについて 備考
痛み 2~3日程度、軽い痛みがあります。 当院が処方する痛み止めのお薬をお飲み下さい。
腫れ ごく軽度の腫れが2~3日程度です。 当院から処方している腫れ止め・止血剤のお薬をお飲み下さい。
内出血 稀に出現します。個人差があります。 内出血が出てしまった場合は、1週間ほどで消えるので、お化粧などでカバーして下さい。
術後の通院 ありません。 ご希望の場合は無料で診察いたします。
洗顔・化粧
コンタクトレンズ
洗顔は当日から、お化粧は翌日から可能です。
コンタクトレンズは1週間後から着用できます。
手術部位は強くこすらないよう気をつけましょう。術後1週間は目やにが増えますが問題ございません。
シャワー・
入浴
当日からシャワーが可能です。 身体を長時間温めますと腫れの原因になるので、手術後1週間は短時間で済ませるようにお願いします。


症例写真

目の下のふくらみがありその下がくぼんで影になっています。
これが黒クマです。このふくらみの内側の赤く見える部分が赤クマです。

目の下のふくらみがなくなり頬がリフトアップした印象になります。目の下が平らになったという感じです。

脂肪の突出が大きく赤クマが目立つタイプです。赤クマの原因は眼窩脂肪の突出のため、これを取り除かなくては改善しません。

赤クマが目立つタイプには脱脂術+リポトランスファーが最適です。
術後は目の下の赤みも消えてすっきりしたのが分かります。

目の下に赤クマと黒クマが目立っています。
脂肪の突出が大きいため、
ヒアルロン酸注入などでは改善できず、
脱脂術+リポトランスファーの
適応となります。

大きな突出の改善には脱脂のみではなくリポトランスファーを行うことで
頬の凹凸の改善と、皮膚の余りによるシワの出現を抑制し、若々しい目の下を保つことができます。

大きく突出したふくらみが眼窩脂肪です。
年齢を重ねるとともに突出するのが特徴です。大きくなると黒クマ赤クマが目立つようになります。

目の下が平らになりすっきりしました。
まず目の下の赤みもなくなり赤クマが改善しています。そして影により形成される黒クマも改善しています。

眼窩脂肪が
大きく突出しているタイプです。
眼窩脂肪は年齢とともに大きく突出してくる傾向があります。

術後は目の下が平らになり、
頬から目の下までがつながった印象へと変わります。その結果目の下のクマがなくなる効果だけでなく頬のリフトアップ効果も実感できます。

目の下に大きなふくらみ、これが眼窩脂肪です。年齢を重ねるごとに大きくなるこの膨らみは脂肪を取る以外に小さくする良い手だてはありません。

目の下のふくらみがなくなりました。
リポトランスファーが、皮膚がヘニョヘニョっとなるのを防ぎなおかつゴルゴジワと目の下のへこみを改善するのにとても効いています。

もっと症例写真を見る


症例写真

  • 術後の腫れや内出血には個人差がございまして、全く出なかった方もいらっしゃれば、両方出てしまう方もいらっしゃいます。

    腫れは3日~1週間、内出血が出ました場合は徐々に色味が薄くなり消えるまでに、10日間~2週間程かかります。内出血は女性でしたらお化粧で隠れる程度の濃さでして、腫れは目の周りが浮腫んでいる様な感じになります。お客様からは出勤マスクや、眼鏡でカバー出来ましたというお声は頂戴しております。また、年齢が若い方ですと同じ手術でも回復が早い傾向がございます。
  • はい、カウンセリングと手術を同日に受ける事は可能でございます。その際は手術のご予約も合わせてお願い致します。手術のご予約を頂きます場合、お取りいたしますお時間枠が長いこともございますので、皆様に事前にご予約金をお振込頂いております。当日はご予約金を引いた残りの金額をお支払い頂きます。
  • 脱脂+リポトランスファーにより、目の下は一旦は平になり若返りますが、残念ながら老化は止められないので、脱脂後も徐々に目の下のたるみは進みます。お年を召した方で、たるみがひどく目立つ方とそうでない方がいますように、脱脂後にどの位たるむかは個人差ございますが、大体10年程の持続とお考え下さい。
その他のご質問はこちら

私がお悩みを解決します お客様の肌の美容担当医としてカウンセリングから術後経過まで私が一貫して行っております。 Theoryクリニック院長 筒井裕輔

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00