目の上のたるみを根本的に治療するなら、3つの手術が効果的です。

たるみ手術

オンライン予約

  • まぶたのたるみの解消方法
  • まぶたのたるみの施術事例
  • まぶたのたるみ治療の料金表

『手術』

目の上のたるみ取りは手術が最適
肌トラブルの悩みの一つである目の上のたるみには、肌のハリを支えるコラーゲンなどの減少による皮膚のたるみ、瞼を持ち上げる筋力の低下によるたるみ、余分な脂肪の突出によるたるみなど、幾つかの原因が挙げられます。当クリニックでは、仕上がりの自然さはもちろん、根本治療という面からもたるみ取り手術をおすすめしており、「埋没法」「眼瞼下垂手術」「上眼瞼たるみ取り手術」といった、それぞれのたるみのタイプの改善に最適な治療法をご用意しています。

目の上のたるみ手術とは?


埋没法

たるみ除去手術法の一つが「埋没法」という、主にぱっちりとした二重を作る手術治療です。髪の毛よりも細い糸を使用し、瞼の数か所を癒着させることで、切開することなく簡単に自然な二重のラインを作ることができます。セオリークリニックでは、通常の二重を作る埋没法だけでなく、目の上のたるみ改善のための埋没法を行っています。つまり、目の上のたるみの部分を、埋没法により綺麗な二重のラインを作りながらリフトアップさせていき、たるみの解消とする方法です。
「埋没法」の施術方法として、「1点埋没」「2点埋没」「3点クロスリンク埋没法」があり、たるみの症状や作りたい二重のラインにより最適な固定方法を選択していきます。切開しない治療ですので、術後の腫れが少なくダウンタイムが短い事が特徴となっています。


眼瞼下垂手術

目の上のたるみの原因で、瞼を持ち上げる筋力が衰え、瞼が上がらなくなる(たるむ)というものがあります。この場合、原因が筋力の衰えですので、改善するためには手術治療が必要となります。その治療法の一つが「眼瞼下垂手術」です。この「眼瞼下垂手術」には二つの施術法があります。一つは髪の毛よりも細い糸を瞼の裏側に通す「切らない眼瞼下垂手術」で、埋没法と同じく皮膚を切らずに済むため術後の腫れもほとんどありません。もう一つは皮膚の余りが多い場合や下垂が重度の場合に行う「皮膚を切る眼瞼下垂手術」で、こちらは皮膚を切るため術後2~3週間ほど腫れが生じますが、しっかりとした改善と希望の二重を作れるという利点があります。「眼瞼下垂手術」は、主に軽度から中等度の眼瞼下垂の方に向いています。


上眼瞼たるみ取り手術

「上眼瞼たるみ取り手術」は、重度の眼瞼下垂の方や皮膚の余剰が多い方のたるみ改善に有効な方法です。余分な皮膚の除去・余分な脂肪の切除・眼瞼下垂の治療・二重のラインの作成を同時におこない、しっかりとたるみを改善しハリのある若々しい目元を作っていきます。手術法は3つに分けられ、眉毛のギリギリすぐ下の部分を切開する「眉毛下切開法」、瞼の上を切開する「垂瞼ライン切開法」、眉毛下と瞼の上の2か所を切開する「垂瞼ライン眉毛下切開法」から、眼瞼下垂の状態や皮膚の余り方などを見て、最適な方法を選択していきます。いずれも術後の腫れがありダウンタイムがかかりますが、眼瞼下垂を治療しながら余った皮膚をしっかり切除でき、傷もほとんど目立たないというメリットがあります。


眉毛下切開法

眉毛下切開法は眉毛のぎりぎりすぐ下の部分を切開する方法です。この方法のメリットは術後の腫れが少なくて済む事です。多くの場合4日ほどで腫れは引いて きます。また余った皮膚をしっかり切除できるというメリットもあります。そのため皮膚のたるみが主体のたるみの場合この手術法を選択することが多いです。 傷は眉毛のラインに隠れてしまうためほとんど目立ちません。


重瞼ライン切開法

瞼の上を切開する方法です。
この方法のメリットは新しい重瞼のラインを自由に設定できることと、脂肪の除去も同時に行える事です。また眼瞼下垂がある場合には、眼瞼下垂手術を同時に行う事も可能になるというメリットもあります。


重瞼ライン眉毛下切開法

上記の2つの手術のメリット最大限に生かす手術となります。ただし切開線が2つに増えるため、適応としては皮膚の余りが強く、さらに眼瞼下垂の手術が必要な場合に行う事となります。

  • 目の上のたるみ施術事例
  • 目の上のたるみ治療の料金表

私がお悩みを解決します お客様の肌の美容担当医としてカウンセリングから術後経過まで私が一貫して行っております。 Theoryクリニック院長 筒井裕輔

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00