目の下のたるみには「脱脂術+リポトランスファー」の手術が効果的です。

目の下のたるみを手術で治療

オンライン予約

  • クマ・たるみの原因と解消法
  • クマの治療方法
  • クマ施術事例
  • 目の下のたるみ治療方法
  • 目の下のたるみ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

目の下のたるみ手術『脱脂術+リポトランスファー』

気になる目の下のたるみが消える『脱脂術』とは?
女性にとって、実年齢より老けた印象を与える目の下のたるみは、普段のメイクではなかなかカバーできない悩みどころの一つです。このたるみが現れる要因の一つに、目の下の脂肪(眼窩脂肪)が年齢とともにその場所を移動させ目の下が膨らみ、今までなかった凹凸ができてしまう事が挙げられます。この眼窩脂肪の突出が大きければ大きいほど、目の下に垂れさがった膨らみの段差も大きくなり、凹凸で生じたクマも手伝ってより老け顔に見せてしまうのです。こうした眼窩脂肪の突出によるたるみの改善に有効なのが、「脂肪術(脂肪除去手術)」という治療法です。この施術は、高周波レーザーメスを用いて余分な眼窩脂肪の除去をおこない、目の下の不自然な凹凸を解消したるみを改善させ、目元の若々しさを取り戻していく治療法です。

凸凹による影が原因のクマ・たるみに有効です

目の下の脂肪(眼窩(がんか)脂肪)は年齢とともにその場所を移動させます。 この移動により目の下がふくらむ事で今まで無かった凹凸が出来ます。この凹凸により出来た影がクマとなります。

目の下の脂肪の移動によるくま・たるみができる流れ


<治療法>

余分な眼窩脂肪の除去を行う最先端の施術でノーダウンタイムを実現します。高周波レーザーメスを用いて手術を行うことで、 全く出血することも顔の表面から見える傷口を作ることもなく施術することが可能となりました。手術時間は両目の下で30分と 短時間です。ノーダウンタイムの秘訣は小さい視野での手術、短い手術時間、そして少ない麻酔の量です。手術直後に効果を実感いただけます。

採取した脂肪は生着しやすいように処理した後に頬から特殊なカニューレにて目の下に注入していきます。 これによりふくらみを除去するだけの簡単な結果ではなく、へこみ部分の改善効果も発揮し、総合的に目の下から頬にかけてのお悩みを治療します。

脂肪の採取
脂肪の注入

セオリークリニックの目の下たるみ手術のポイント

1.小さな傷口
脱脂術は眼瞼結膜と言われる下眼瞼をひっくり返した粘膜部分を切開し、そこから余分な脂肪を除去していく治療法です。切開と聞くと傷口が心配になりますが、この部分は傷が治りやすく、また顔表面からは傷が見えないという大きなメリットがあります。当クリニックでは高周波レーザーでさらに小さく切開する事により、切開時の出血を無くし術後のダメージを最小限にとどめる事でダウンタイムを限りなく短くすることが可能です。

2.短い手術時間
手術にかかる時間は、術後のダウンタイムを左右する重要なポイントですが、眼窩脂肪を見つけ出し除去するまでを短時間で完了させるのは、視野の狭い脱脂術では容易な事ではありません。しかし当クリニックでは、長年の経験と正確な知識によりその問題を克服、通常よりも小さな切開線からの手術でも最短の時間で手術を完了させます。そのため、術後のダウンタイムを最短とすることが可能です。

3.少ない麻酔量
目の下は繊細な個所で、手術に必要な局所麻酔の刺激にも敏感に反応し腫れてしまいます。過去の術式では脂肪を取り出し易くするために、眼窩脂肪の中に大量の麻酔薬を注入していて、術後に強い腫れが出てしまっていました。そこで当クリニックでは、こうした術後の腫れを最小限にするため、術者と助手が絶妙のコンビネーションで脂肪を押し上げていますので、最小の麻酔量で痛みも感じない手術を実現させています。

なぜリポトランスファーを組み合わせるのか

眼窩脂肪の突出によるクマの改善には「脱脂術」は大変有効な治療法ですが、実は「脱脂術」だけでは若々しい目の下や頬のラインを作り出すには不十分なのです。「脱脂術」は眼窩脂肪をデザインに沿って適量を除去し、目の下の余分な膨らみを取り除くことはできますが、へこんでしまっている部分に対応する事ができません。また、もう一つのクマの原因である皮膚のたるみにも、「脱脂術」だけでは十分な改善を見込めないのです。そこでセオリークリニックでは、自然で若々しい表情を作り出すため「脱脂術」とあわせて「リポトランスファー」を行うことを推奨しています。「リポトランスファー」とは、脱脂術により採取した脂肪を生着しやすいように処理した後、頬から特殊なカニューレにて目の下に注入していき、へこみの部分の改善効果を発揮する治療法です。

  ダウンタイムについて 備考
痛み 2~3日程度、軽い痛みがあります。 当院が処方する痛み止めのお薬をお飲み下さい。
腫れ ごく軽度の腫れが2~3日程度です。 当院から処方している腫れ止め・止血剤のお薬をお飲み下さい。
内出血 稀に出現します。個人差があります。 内出血が出てしまった場合は、1週間ほどで消えるので、お化粧などでカバーして下さい。
術後の通院 ありません。 ご希望の場合は無料で診察いたします。
洗顔・化粧
コンタクトレンズ
洗顔は当日から、お化粧は翌日から可能です。
コンタクトレンズは1週間後から着用できます。
手術部位は強くこすらないよう気をつけましょう。術後1週間は目やにが増えますが問題ございません。
シャワー・
入浴
当日からシャワーが可能です。 身体を長時間温めますと腫れの原因になるので、手術後1週間は短時間で済ませるようにお願いします。

症例写真

20代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

目の下のふくらみがありその下がくぼんで影になっています。
これが黒クマです。 このふくらみの内側の赤く見える部分が赤クマです。

目の下のふくらみがなくなり 頬がリフトアップした印象になります。 目の下が平らになったという感じです。

30代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

脂肪の突出が大きく赤クマが目立つタイプです。赤クマの原因は眼窩脂肪の突出のため、これを取り除かなくては改善しません

赤クマが目立つタイプには脱脂術+リポトランスファーが最適です。
術後は目の下の赤みも消えてすっきりしたのが分かります。

30代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

目の下に赤クマと黒クマが目立っています。
脂肪の突出が大きいため、ヒアルロン酸注入などでは改善できず、脱脂術+リポトランスファーの適応となります

大きな突出の改善には脱脂のみではなくリポトランスファーを行うことで頬の凹凸の改善と、皮膚の余りによるシワの出現を抑制し、若々しい目の下を保つことができます。

40代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

大きく突出したふくらみが眼窩脂肪です。
年齢を重ねるとともに突出するのが特徴です。 大きくなると黒クマ赤クマが目立つようになります。

目の下が平らになりすっきりしました。
まず目の下の赤みもなくなり赤クマが改善しています。 そして影により形成される黒クマも改善しています。

50代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

眼窩脂肪が大きく突出しているタイプです。
眼窩脂肪は年齢とともに大きく突出してくる傾向があります

術後は目の下が平らになり、頬から目の下までがつながった印象へと変わります。 その結果目の下のクマがなくなる効果だけでなく頬のリフトアップ効果も実感できます。

60代 男性 症例写真:Before 症例写真:After

目の下に大きなふくらみ これが眼窩脂肪です。 年齢を重ねるごとに 大きくなるこの膨らみは 脂肪を取る以外に小さくする 良い手だてはありません。

目の下のふくらみがなくなりました。
リポトランスファーが、皮膚がヘニョヘニョっとなるのを防ぎなおかつゴルゴジワと目の下のへこみを改善するのにとても効いています。

30代 女性 症例写真:Before 症例写真:After

脂肪の突出が強いタイプです。このタイプの場合、目の下が赤く腫れて見えるのが特徴的な赤クマが出現します。

術後目の下がスッキリしたのがわかります。目の下の赤みは改善していますが、時間の経過とともにもっと改善していきます。


もっと症例写真を見る
  • 目の下のたるみ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、術後経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00