「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」などで黒クマを目立たなくすることができます。

クマをヒアルロン酸で解消

オンライン予約

  • クマ・たるみの原因と解消法
  • クマの治療方法
  • クマ施術事例
  • 目の下のたるみ治療方法
  • 目の下のたるみ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

『ヒアルロン酸注入・脂肪注入』

黒クマはあるけれど、目の下のふくらみがない場合の治療法
目の下の黒クマは、目の下の脂肪が膨らむ事でできたたるみの影が、涙袋より下方に黒い線となって表れることを言います。しかし、黒クマの中には眼窩脂肪の突出がないか軽度の場合でも、目の下全体がくぼんでいるためにできる黒クマというものもあります。このタイプの黒クマの解消には、くぼんでいる目の下に適度な膨らみを作ることが必要となるため、「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」など目の下にかけてのボリュームアップができる治療法が最適となります。

クマの『ヒアルロン酸注入』とは?

目の下のクマができる原因の中に、皮膚のたるみというものがあります。加齢などにより皮膚がたるみくぼんでしまった部分の影が黒クマなどになるのです。このタイプのクマを解消するためには、くぼんでしまった部分のたるみを改善する必要があるのです。この改善に効果的な治療法が「ヒアルロン酸注入」です。「ヒアルロン酸注入」とは、ヒアルロン酸を皮内、皮下に注入する事でくぼんでしまっている肌を持ち上げ、しわやたるみを改善する治療法です。ヒアルロン酸はもともと私たちの体の皮膚や関節などに含まれている成分ですので、体内に注入してもアレルギーなどを生じる事もほとんどない安全性の高い成分です。また、注入後の自然な仕上がりを目指すには、0.01ml単位で注入をコントロールする高い技術力が必要な治療法でもあります。

ヒアルロン酸注入

当院の『ヒアルロン酸注入』のこだわり

1.ヒアルロン酸は使い捨て

注入に使用したヒアルロン酸は個人用としており、毎回新しいヒアルロン酸を使用するため安全な施術を提供しています。

2.各種ヒアルロン酸を用意

毎年のように新たにリリースされるヒアルロン酸。
それぞれの特徴を掴むため、必ず使用し当院の施術に適切であるかを見極めています。
その中で最も良いと判断したヒアルロン酸のみを使用しています。

3.痛み止め

ヒアルロン酸注入をためらう方々は、痛みを気にされている事が多いため、痛み止めの貼り薬と麻酔入りのヒアルロン酸を使用する事で痛みを最小限に抑えています。

4.0.01mlを調整する技術力

経験豊かな医師だけが行うヒアルロン酸注入。技術力が結果に結びつく治療だからこそ、細かな部分までこだわった施術を提供しています。

目の下のヒアルロン酸注入の症例


施術前の状態

目の下に広がるくまが目立ちます。
この方の場合、外側まで広がるくまが特徴的です。
施術前の状態

右のみ施術

右側のみ施術が終了した状態です。左右を比べるとその効果がはっきりとわかります。また目の下のラインが変わることで頬がリフトアップした印象を与えてくれるため、高い若返り効果をもたらします。
右のみ施

左の施術中1

くまの外側にヒアルロン酸を注入した後の状態です。
目の下に広く広がっていたくまが小さくなっています。
丁寧に、少しずつヒアルロン酸を注入していきます。
左の施術中1

左の施術中2

ヒアルロン酸を内側にも徐々に注入しくまを消していきます。
一つ前の状態と比べて、目の下のくまま小さくなっているのがわかります。
このように徐々にくまを消していくのが自然な仕上がりのポイントとなります。
左の施術中2

施術終了

左右ともに施術が終了しました。
目の下の目立っていたくまがなくなりました。
内出血もありません。
施術終了


<モニターさんのコメント>

目の下ということもあり緊張しましたが、塗る麻酔と麻酔入りヒアルロン酸の効果のためか、全く痛みを感じずに治療を受けることが出来ました。 治療にかかった時間は20分ほどで思っていたよりも長かったのですが、すごく丁寧に注入を行っているのがわかったので時間は気になりませんでした。 治療の途中に何度か鏡を見せてもらったのですが、徐々に変わっていくのがわかりました。そして最後の仕上がりの自然さにはビックリ。気になっていたくまがなくなるだけでなく、5歳くらい若返った印象ですごく感動です。

  • クマ施術事例
  • 目の下のクマ・たるみ治療の料金表

私達がお悩みを解決します。カウンセリングから施術、術後経過まで、信頼ある治療を行っています。Theoryクリニック

セオリークリニックのご予約・お問い合わせ

  • 無料メール相談
  • オンライン予約

無料相談・カウンセリングはお電話またはメールで承ります 03-6228-6617

東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F 診療時間11:00~19:00